歯科医療について/歯科医療を支える人々

歯科医療は多くの機関や人に支えられている医療のひとつです。

 国として総医療費のGDP割合 285,210億円7.27% (1996) でそのうち、歯科医療の総治療費割合 25,431億円8.9% (1996)となります。(歯科関係統計情報)歯科医療情報 として世界にも稀な国民皆保険制度を持ち、平均寿命は世界−となり老人大国となりましたが、その医療費の急増は保険制度の破綻 が危惧されています。そして、歯科医師数の過剰や保険制度の疲弊など様々な問題があるが、予防歯科への取り組みや、かみ合わせと全身との関係、そして再生医療の分野が21世紀の中心となり活発な学術を国としても認めてきております。

 さて、国民・県民の口腔を、実際、治療や管理してく上では歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の資格修得、歯科助手などになりおこないます。そして、その他には国・厚生労働省・県地域保健・市地域保健の機関なども携わりおこなわれております。神奈川県衛生部としては、歯科保健事業を作成し、医院などの整備をすすめていきます。そして、より県民に身近な市の保健所に支えられて個人家庭地域社会が一体となった生涯にわたる健康づくりができるのです。市では健診事業やその地域にあった健康増進政策を進めております。

歯科医療従事者への道

厚生労働省として大きく関与していくことは歯科医師国家試験の施行、卒後研修の制度、国民への安心しての歯科医療を受ける政策をおこなっております。

■歯科医師になるには

歯科医師になるには、高校を卒業、もしくは社会人入学して歯科大学や大学歯学部で6年間の教育を受け、歯科医師国家試験に合格しなければなりません。

〈神奈川県にある歯科大学〉

  1. 神奈川歯科大学
  2. 鶴見大学歯学部

1年1度の国家試験に合格した後は歯科医師の称号を得られます。その後大学の研修機関や病院や診療所で3〜5年働きながら実務経験を積み、開業に至るのが一般的なケースです。また各都道府県知事に申請し、保険医登録をしなければ、保険診療ができません。

■歯科技工士になるには

一般的には高校卒業後、厚生労働大臣の指定した歯科技工士養成所に入所し、所定の課程を修めて卒業した後、歯科技工士試験(県主催)に合格し、免許を取得します。歯科医師会と同様な神奈川県歯科技工士会という組織もあり、地域社会にも活発に活動しております。

〈神奈川県下の歯科技工士養成学校〉

  1. 神奈川歯科大学附属歯科技工専門学校
  2. 共生会歯科技工専門学校
  3. 横浜歯科技術専門学校

■歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには、厚生労働大臣または文部科学大臣の指定する歯科衛生士教育養成期間を卒業した後、歯科衛生士試験に合格し、 厚生労働大臣の免許を受けなければなりません。 この試験に合格して歯科衛生士名簿に登録すると、 厚生労働大臣の免許証が交付されます。

〈神奈川県下の歯科衛生士養成学校〉

  1. 湘南短期大学
  2. 鶴見大学短期大学部(3年)
  3. 関東歯科衛生士専門学校
  4. 湘南歯科衛生士専門学校
  5. 専門学校新横浜歯科衛生士学院
  6. 横浜歯科技術専門学校

やはり、歯科医師会と同様な神奈川県歯科衛生士会という組織もあり、卒後の研修なども積極的におこなっております。

■歯科助手になるには

特に公的な資格は必要ありません、主な仕事は受付業務や器具の消毒などです。しかしながら、医療に携わる心構えとして最低限の医療知識は必要です。
神奈川県歯科医師会では日本歯科医師会歯科助手資格認定として研修しております。
※原則として神奈川県歯科医師会会員の診療所に勤めている方が対象

問い合わせ)社団法人神奈川県歯科医師会〒231-0013
      横浜市中区住吉町6丁目68番地
      電話番号 045(681)2172
      FAX番号 045(681)2426

講習会様子