歯のまめ知識歯が痛い!/診療の前に

妊婦歯科治療

妊娠しているから歯科治療ができないということはありません。安定期には歯科治療は可能です。
しかしながら、できれば避けたいのも事実です。

歯科医の側から言わせてもらえば、レントゲン撮影をしたくないために歯の情報が限られてしまいます。盲目的治療はリスクも多くなるのです。薬だってできれば飲みたくないでしょう。

妊娠する前に、できるだけ歯科治療は終わらせておくことをお勧めします。

妊娠初期に「つわり」が強い方は、歯ブラシもできないことがあります。当然、口の中の環境が悪化します。歯肉がはれてしまったり、むし歯ができてしまったりする可能性がアップします。
少しでもリスクを晴らすために、普段からの口腔ケア、歯医者さんで見てもらうプロフェッショナルケアに勤めてください。