C0:自覚症状はまったくありません。
葉の表面に不透明な濁りができる場合があります

C1:歯の表面(エナメル質)にむし歯による小さな穴があきます。
自覚症状はほとんどありません

C2:象牙質までむし歯が進行しています。
冷たい水がしみる場合があります。

C3:神経までむし歯が進行しています。
ずきずきする、かむと痛いなどの激しい痛みを伴います。

C4:歯が崩壊して、根だけが残っている状態です。
神経は死んでしまっている場合が多いです。

むし歯の症状、進行状態により処置の方法が違います。

  1. 水にしみる
  2. お湯にしみる
  3. 大きなむし歯がある

水にしみる・・・

むし歯の初期状態で、歯の神経が炎症を起こしている可能性があります。

対処方法

ぬるま湯でゆすぐようにして、むし歯の中や周りを清潔に保ってください。
むし歯は自然治癒することはないので、早めに歯科医院で治療を受けるようにしてください。

治療方法

軽度の場合は、かみ合わせを調整し様子をみます。
中等度の場合は、歯を固定しかみ合わせを安定させます。
重症の場合は、歯を抜くこともあります。かみ合わせの調整や薬の投与、歯周病の治療をします。
重症の場合は抜歯することもあります。

お湯にしみる・・・

むし歯が進行した状態で、歯の神経がかなり炎症を起こしている可能性があり、神経の腐り始め、もしくは腐っている時にも起こります。

対処方法

水を含むと痛みが和らぐことがありますが、急いで治療を受けるようにしてください。

治療方法

神経を取る治療をして、その後詰めたりかぶせたりします。

大きなむし歯がある

むし歯のまわりの歯ぐきが腫れた場合、歯の神経が腐っている場合があります。

対処方法

冷やすと腫れがやわらぐことがありますが、ひどい痛みが出ることがあるので、できるだけ早く治療を受けるようにしてください。

治療方法

歯の神経を取る治療をします。