歯ぐきが退縮して歯の根が露出したり、歯の付け根にくさび状のすり減りがある時に起きる状態で、冷水や歯ブラシの毛先で「ピリッ」とするような痛みが出ます。

対処方法

しばらくは冷たいものは避けて、常温もしくはぬるま湯でゆすぐようにし、知覚過敏用の歯磨き剤を用いてプラークコントロールをする。それでもしみる場合はかかりつけの歯科医師にご相談ください。

治療方法

軽症の場合、歯に薬を塗布したり詰め物をして刺激を遮断します。
レーザー照射により症状が改善される場合もあります。(保険適用外)
重症の場合、神経の治療を必要とする場合もあります。
また歯磨きの方法も指導してもらいましょう。