神奈川県歯科医師会について一枚の絵

Vol.1210

「10月高原の池」 北川 礼太郎会員

 この絵は志賀高原の木戸池、盛夏の風景です。スキーのメッカ、オリンピックも行われた起伏のある所ですが、夏にドライブですうワーと通過して終うには勿体無い趣きがあります。写真や絵には手頃な大きさの池や沼が幾つかあり、又温泉も多々あるのでトレッキングが楽しめます。さて、此の池には何回となく行き、今年も十月上旬に紅葉の高原を描きにいって来たばかりです。
 私は水彩を主に描いているのですが、これは油彩です。絵の右側に岳樺や白樺が連なり、樹下に熊笹が一面に生い繁って、その向こうに道路がちらちらと見え、水面には樹影が映っているわけです。
 作者としては、高原の水面を渉る清澄な気を描きたかったのですが、如何なものでしょうか・・・・・・・・。

(著 本人)